セブ島に留学して語学を勉强しましょう~ウキウキで語学学習~

study

語学力を鍛える有効な方法

案内

英語は今後も必要になっていくことが予想されます。そこでワーキングホリデーを利用して語学力を身につけてください。国はカナダがオススメです。英語圏でありますし、治安も優れているので、ワーキングホリデーに適しています。

今英語を覚えたいならココ

先生

やはり気になる治安

最近語学留学先として欧米を抑える勢いで人気急上昇中なのがフィリピンのマリンリゾート、セブ島です。欧米と比べると留学費用は半分くらい、物価も安く最短1週間からの短期留学も可能なので、ちょっとした旅行気分で留学できます。そのため社会人、学生、シニア、親子などバリエーションも豊富です。ただし海外なのでやはり治安は気になります。セブ島はリゾートなのでフィリピンの中でも治安の良さはトップクラスです。でなければ語学学校がこんなにたくさんできません。ただし現地の人とトラブルを起こさないようにする、スリや窃盗に気を付けるなど海外旅行共通ともいえる注意はする必要があります。また日本では見かけないストリートチルドレンもいます。治安がいいとは言え、日本ではありませんから事前の学習は必要です。

日本資本と韓国資本

セブ島には語学学校がたくさんあり、それぞれに個性があるのでどこにしようか迷ってしまいますね。セブ島の語学学校は大まかに日本資本と韓国資本とに分かれます。日本資本は日本語が通じるので生活上のストレスはありませんが、授業以外で英語を使う機会が減ります。またサービスがきめ細かいですがその分料金も高めです。そのため全く初めて語学留学する人やシニア層などにおススメです。一方韓国資本はリーズナブルですが、食事が合わなかったりサービスが悪いなどのデメリットがあります。ただ授業数が多くテストの点数が悪いと外出できないなどスパルタ系の学校も多いので、真剣に英語を覚えたい人にはおススメです。どちらもメリットとデメリットがありますので、それぞれを理解して自分に合った学校を選びたいですね。

英語を勉強する方法

先生

今英語を学習したいと思っているひとは日本全国に沢山いる。さらに、その中で留学を視野に入れているひとも少なくない。そんな人にとって留学先選ぶ時の基準に経済的なことがある。経済的負担の少ないカナダをおすすめしたい。

留学の際に気を付けること

happy

アメリカ留学の際には、しっかりと準備をすることが大切です。例えばTOEICスコア500程度の英語力があれば、現地での意思疎通には困らないでしょう。また、メンタル緊急用のマニュアルや本を用意しておけば、緊急時にも慌てることがありません。他には確固たる目標や、何かに専門性を持つことも大切です。